仏教美術の楽しみ方 ~仏像鑑賞法~ 第1回



 

公開日: 3ヶ月前

4 レッスン
1時間 14分
英語割合: なし

コース概要

外国人観光客を通訳ガイドが仏教寺院にご案内する際、仏像や建築物を美術的な視点から説明出来たら、お客様の理解や興味が更に深まり、ゲストの寺院訪問はより素晴らしい体験として心に刻まれるでしょう。

 

今回の専門講座は仏教美術、特に仏像の鑑賞に焦点をあて、仏像美術研究で知られる村松哲文駒澤大学教授が2回にわたり、仏像美術の歴史、様式、鑑賞ポイントなど基本情報、専門知識をわかりやすく軽快な語り口で解説いたします。

第1回は、仏像が信仰されるようになった背景から始まり、歴史的な流れ、基本情報、作り方や素材を知る事によってどんな真実がわかってくるかを中心に学びます。第2回では関東と関西の寺院にある、お馴染みの仏像から、あまり知られてない特徴的な仏像を具体的に紹介します。

 

仏像が作られた理由、その時々の政治・経済・社会情勢など、一体の仏像にどんなメッセージがこめられているのかを知ると、より一層仏像の魅力が見えてくるでしょう。

個別購入

各コースを個別に購入・受講できます。

3,850 円

個別購入する

1年間受講し放題プラン

すべての研修コースを一年間無制限に受講できます。

55,000 円

購入する

レッスン 1: 仏像の信仰


レッスン 2: 仏像鑑賞の基本ポイント


レッスン 3: 仏像が秘める情報~歴史


レッスン 4: 仏像に近づくと…


講師

村松 哲文

駒澤大学教授。1967年東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学後、早稲田大学会津八一記念博物館を経て、駒澤大学仏教学部へ。早稲田大学...

詳細を見る